Artist Series × 蔵カフェRadio

ゲスト: 小暮義隆さん

2022. March

MIZUBASHO蔵カフェRadio

Vol.33 〜SDGs尾瀬の水芭蕉再生プロジェクト〜

Vol.33 〜SDGs尾瀬の水芭蕉再生プロジェクト〜

MIZUBASHO蔵カフェRadio
https://jingumae.fm/jf/2453
✨クリックすると日時を問わず再生可能です✨

今週は、永井酒造6代目蔵元 永井則吉と共にMIZUBASHO Artist Series「尾瀬の水芭蕉再生プロジェクト」の立ち上げメンバーでもある東京電力ホールディングスESG推進室部長 小暮義隆様をスタジオにお迎えしました。長年培ってきたお2人の信頼、友情、そして心と心の共鳴が大変素晴らしかったです。

いよいよ国際女性デーを機に3/8、第二弾MIZUBASHO Artist Seriesが発売されます!どうぞお楽しみに。

ゲスト:小暮義隆 さま
東京電力ホールディングス
ESG推進室部長社

今回のSDGs目標テーマは(コーナー2)
5 ジェンダー平等を実現しよう
13 気候変動に具体的な対策を
17 パートナーシッブで目標を達成しよう

コーナーI:
✨お酒水芭蕉と尾瀬の木道ペーパー    
✨何か事を起こそうと思うと偶然に出逢う引き寄せパワー
✨生活、遊び、仕事をトリプルで一つになることを実現したい
✨小学生の時期、土砂降りの尾瀬で食べたカップヌードルが尾瀬が原点⁈
✨尾瀬の植林ボランティアでの体験
✨遥かな尾瀬、そして一つ一つのミズバショウの違いに魅せられて

コーナー2:
✨2005年のゴールデンウィークは、ミズバショウが咲き誇る大清水湿原で8キロの大渋滞が起こっていた
✨2018年のトップシーズンにミズバショウの数が激変
✨原因は、雪の量が明らかに減ってしまい、鹿が自由に越境できるようになった為
✨地球温暖化、気候変動、変化の時間軸が短くなった
✨「尾瀬の水芭蕉再生プロジェクト」
✨2/25 第二弾MIZUBASHO Artist Series のお披露目
✨新企画「Hike for Oze」とは
✨異業種の二人が「環境」をキーワードで繋がり、心と心が共鳴し合う素敵な関係
✨伝統工芸品お弁当箱曲げわっぱを通し、職場でも尾瀬を感じていたい想い

この番組は、MIZUBASHO Artist Seriesを囲みながら「私達が出来るSDGs」をテーマに、蔵カフェで愉快な仲間たちと語りあうよう、気軽なトークでお届けしていきます。
※永井酒造は、MIZUBASHO Artist Series:を通して、人・動物・自然がより良い姿で共生できる持続可能な社会を目指し、環境、食育、次世代育成・女性の社会進出と活躍など、SDGsへの取り組みを応援しております。

#神宮前ラジオ #MIZUBASHO #蔵カフェRadio #mizubasho_artistseries #sdgs


【ゲスト プロフィール紹介】

小暮義隆 さま
東京電力ホールディングス
ESG推進室部長

職歴
東京電力本社にて、主に営業部門、広報部門に携わり、人材マーケット制度で環境部へ。
サステナビリティ報告書の企画制作の他、尾瀬の木道をリサイクルした木道ペーパーを開発。2018年から3年間、尾瀬国立公園を管理運営する東京パワーテクノロジー尾瀬林業所長を勤める。
東京パワーテクノロジーは、永井酒造様の「尾瀬の水芭蕉プロジェクト」のパートナー企業です。

趣味 登山、読書
資格
①日本山岳ガイド協会認定
 登山ガイドステージII
②尾瀬認定ガイド
③森林インストラクター

群馬県高崎市在住、家族は奥様と3人の男の子、 1匹のワンちゃん

(インタビュアー)
永井松美
永井酒造株式会社
マダム&ディレクター

米国インディアナ州政府商務部、シアトル・ワシントン州観光事務所に勤務後、13年間米国に住み、シアトルのパイクプレース・マーケットやベルタウンにてFood & Wineツアーを企画運営するシアトル・フード・ツアーズを設立。世界最大のワイン教育機関、国際資格WSETアドバンスクラスを学び、ナパやニューヨークを中心にアメリカのワイナリーVIP視察ツアー、企業視察を企画、運営。唎酒師、国際唎酒師、発酵食品ソムリエなどを取得し、現在、永井酒造のマダム兼取締役として、海外統括、PR &マーケティングに従事している。日本酒をミシュラン・レストランにトップセールスで紹介し、日本の酒文化を世界へ発信中。神宮前ラジオにて、「MIZUBASHO 蔵カフェRadio」のパーソナリティとして、「私達が出来るSDGs」をテーマに、持続可能な社会や地球環境を考えるきっかけとなる、国内外の様々な取り組みや視点、ヒト・モノ・コトなどを発信中。