Artist Series × Macrobiotic

美容料理家

石松利佳子さん

2020.Nov.

LESSON

【「MIZUBASHO Artist Series」× ヴィーガンマリアージュ】 日本酒に合う、身体の中から美しくなるレシピ 石松利佳子【MIZUBASHO公認ミューズ】

【日本酒をより身近にカジュアルに】
様々な分野の第一線で活躍する女性たちと、「MIZUBASHO Artist Series」を通じて、毎日の生活の中に日本酒がある暮らしを提案していきます。
第3弾は「身体の中から美しく」をコンセプトに、マクロビオティック×薬膳×スーパーフードを融合させた植物性100%の料理教室「Salon de R」を主宰する美容料理家の石松利佳子さん!
MIZUBASHO Artist Seriesに合うペアリングレシピをご紹介いたします!

【「MIZUBASHO Artist Series」× ヴィーガンマリアージュ】
日本酒に合う、身体の中から美しくなるレシピ

美容料理家 石松利佳子さん

今回「MIZUBASHO Artist Series」とコラボし、新しいメニューを開発していただいたのは、「身体の中から美しくなる」をコンセプトとした料理教室を主宰されている石松利佳子さんです。

利佳子さんは、さまざまな国の料理をマクロビオティックにアレンジしたり、薬膳料理やセレブ御用達のスーパーフードなど、植物由来の素材100%の「身体の中から美しくなる」料理を提唱しており、女性に大人気の美容料理家として活躍してらっしゃいます。

ワインスクールの講師でもある利佳子さんはどんなお料理を、日本酒「MIZUBASHO Artist Series」に合わせていただけるのでしょうか。

実際に「美容料理」のノウハウで開発していただいた「MIZUBASHO Artist Series」とのコラボメニューをいただきながら、永井酒造株式会社のマダム&ディレクター永井松美がお話を伺いました。

【身体の中から美しくなる美容料理 × MIZUBASHO Artist Series】
~ペアリングタイム~


今回は、『MIZUBASHO Artist Series』のラインアップ「スパークリング酒」
「スティル酒」「デザート酒」の3タイプそれぞれに合うメニューを、利佳子さんに考案していただきました。

メニューとの組み合わせは以下の通りです。

「スパークリング酒」×「イチジクのサラダ ヴィーガンチーズ添え」
「スティル酒」×「茄子のラザニア風」
「デザート酒」×「モンブラン」

もちろんどれも植物性100%のお料理で、しかも、お洒落!
まずは『イチジクのサラダ ヴィーガンチーズ添え』からいただきました。

永井松美(以下、M)「利佳子さん、今日はありがとうございました。乾杯!」

石松利佳子さん(以下、R)「乾杯!」

M「じゃあ『MIZUBASHO Artist Series』と合わせてみましょうか……これはイチジクと……ヴィーガンチーズですね!」

(※ヴィーガンチーズとは乳製品を使わない、主に豆やナッツなどで作ったチーズのこと)

R「そうなんです。ヴィーガンチーズです。いろいろ作り方はあるんですけど、これはすごく簡単な作り方で、クリームチーズみたいな感じに仕上がります」

M「すごい!これ豆乳とは思えない仕上がりで、塩レモンがとても効いていますね」

R「そうですね、レモンの酸味と塩味で、ちょうどチーズっぽく仕上がります」

M「フローラルスパークリングって結構フルーティーで、それとイチジクの甘さも同じ系統だから香りがとても合っているなと思いました。群馬のファーマーズマーケットも今イチジクがたくさん出ていますし、旬なお料理になっていますね」

R「『MIZUBASHO Artist Series』のスティル酒に合わせたのは、茄子のラザニア風です。何を合わせようかなと思ったときに、味の層があったほうが美味しいかなと思ってラザニアにしてみました」

M「絶対これベジミート(大豆が主原料の代替肉)だと気がつかない!ベジミートが出す軽さと……そんなにスパイスを使ってないですよね?だから日本酒の邪魔にもならなくて、ベストマッチングだと思います」

R「ありがとうございます!次にこちらは『MIZUBASHO Artist Series』のデザート酒に合わせてモンブランを作りました。最初は普通にモンブランを作ったのですが、「ん?」という感じだったのでかなり寄せています」

M「それはすごく楽しみです」

R「いつもはもっと栗感が強いんですけど、あんまり栗感が強いとそんなに合わない感じがしたんですよ。なので、かなり軽やかなモンブランに仕上がっていると思います」

M「私これすごく好きです。フローラルな甘口のミュスカ(ワイン)っぽい、そのペアリングに近い。比重がとても合っていると思います」

ヘルシーでお洒落な利佳子さんのヴィーガン料理とMIZUBASHO Artist Serieのマリアージュ、いかがでしたか?
ヴィーガンというと難しそうなイメージかもしれませんが、利佳子さんのレシピはどれもおうちで簡単にできるレシピばかり。センスある盛り付けも参考にしながら、ぜひ旬の食材を使って作ってみてくださいね。

【プロフィール紹介】

石松利佳子

美容料理家
「身体の中から美しく」をコンセプトに、マクロビオティック×薬膳×スーパーフードを融合させた植物性100%の料理教室「Salon de R」を主宰。
週末は料理教室、平日の夜は食べるだけ教室を開催。豆腐マイスター認定講座や薬膳の理論を学ぶ座学の講座も開催。
その他、短大やワインスクールでの講師、WEB・雑誌にてコラム執筆やレシピ紹介、企業へのレシピ提供や商品開発なども手掛ける。

永井松美

永井酒造株式会社
マダム&ディレクター
米国インディアナ州政府商務部、シアトル・ワシントン州観光事務所に勤務後、13年間米国に住み、シアトルのパイクプレース・マーケットやベルタウンにてFood & Wineツアーを企画運営するシアトル・フード・ツアーズを設立。
世界最大のワイン教育機関、国際資格WSETアドバンスクラスを学び、ナパやニューヨークを中心にアメリカのワイナリーVIP視察ツアー、企業視察を企画、運営。
唎酒師、国際唎酒師を取得し、現在、永井酒造のマダムとして、海外統括、PR &マーケティングにも従事している。
日本酒をミシュラン・レストランにトップセールスで紹介し、日本の酒文化を世界へ発信中。